仮想通貨交換業に登録済みの業者一覧! 登録するとどんなメリットがあるの?

今、CoinCheck騒動がかなり波紋を広げていますね!

その中で、CoinCheckが金融庁の『仮想通貨交換業者』に登録されていないというところも、問題視されています。

そんなわけで、本日は2018年1月現在、金融庁の仮想通貨交換業者に登録されている業者をまとめました。

※登録されているだけであって、必ずしも安全な取引所だとは限りません

 

仮想通貨交換業者とは

仮想通貨交換事業者とは2017年4月より施行された「改正資金決済法(通称:仮想通貨法)」によって規定された仮想通貨を交換する事業を行う事業者の事を言います。(一般には「仮想通貨取引所」と呼ばれるところです。

取引所は円と仮想通貨を交換したい人をマッチングする事業を行い、手数料をユーザーからもらう事などで利益を出します。

その仮想通貨取引所を運営するにあたり日本では2017年4月より仮想通貨法の施行で登録免許制になりました。

  • 仮想通貨と法定通貨または仮想通貨同士の交換(交換の媒介、取次等を含みます。)
  • 交換に際して利用者の金銭・仮想通貨を管理する業務

等を仮想通貨交換業と金融庁では規定しているようです。

 

現在登録されている業者

2018年1月現在、仮想通貨交換業に登録されている業者は以下になります。

こうみると結構増えてきていますね。

仮想通貨交換業に登録する条件

もちろん申請すればどんな業者でも登録できるわけではありません。

  • 株式会社であること
  • 資本金が1,000万円以上、純資産がマイナスでないこと
  • 仮想通貨交換業を適正かつ確実に遂行する体制が整備されていること
  • 仮想通貨自体や契約内容の適切な説明を行うこと
  • 顧客資産の分別管理を行う事
  • 個人情報の確認を実施すること

などが条件のようです。

想通貨を利用したマネーロンダリングやテロ資金対策、また仮想通貨を利用した詐欺を防止する為には必要な定義ですね。

 

審査について

①登録にあたっての経緯や業務の内容を踏まえた事前相談が3~4か月程度

②申請内容の確認や登録拒否要件に当たらないかの審査

以上の審査を通過した業者が登録される形になります。

 

未登録の事業者はどうなるの?

今回未登録の事業者で現在既に交換業を営んでいる業者(coincheck・みんなのビットコインなど)については事業者登録拒否の決定があるまでは事業を継続する事ができるようです。
発表が待ち遠しいですが、待つしかないですね(/・ω・)/

 

登録されたことによって

登録事業者が発表された事により、不正に仮想通貨交換業を行う事業者とそうでない事業者を見分ける事ができますね。

登録されていない事業者を通して仮想通貨を購入する場合は注意しましょう。

もちろん、登録されていないからといって100%詐欺業者だとは言い切れません!

あくまで一つの指標としてご参考ください。

 

現在、金融庁が公式に仮想通貨交換業を認めた事で、今後さらに仮想通貨に対する信頼は増す可能性がありますが、仮想通貨自体の価格が保証されるものでは決してありません。

仮想通貨はコンテンツやプロジェクトによって独自で価値を決まってきます。

様々な要因により価格の変動が起きて投資をする際に損失を出す場合ももちろんあります。

 

なので、僕は「草コインに投資して爆上げを狙う」とか、「とりあえずいろんな通貨を買ってみる」といったマインドだと、かならず損をすると考えています。

ギャンブルではなく、投資なので、しっかりとした知識を持って行うよう心がけましょう(>_<)