仮想通貨アプリ『コイン相場』もう使ってる?

仮想通貨の取引をはじめてみて、こんなことをよく思います。

  • ICOの情報を整理したい。
  • 海外の情報をいち早くゲットしたいけど、和訳するのが面倒だし翻訳されるまで待てない。
  • 取引所が多すぎて、相場の確認が面倒くさい。
  • 保有銘柄が増えてきて、どこにどの銘柄をいくら分持ってるか分からない。

そんな悩みを解決してくれるのが「コイン相場」です。

今回はその機能について解説していきたいと思います!

 

コイン相場とは?

※画像はイメージなので差し替えお願いします。

「コイン相場」は、日本発のICO検索エンジン「COIN JINJA(コイン神社)」が提供しているアプリです。

仮想通貨投資をあらゆる面からサポートしてくれて非常に便利です。

 

ICOのデータベース化から、

あらゆる仮想通貨取引のソリューションを素早いアップデートで提供してくれます。

 

それでは様々な機能を説明していきたいと思います。

 

アービトラージに活用できるウォッチリスト

仮想通貨は取引所によって、価格にバラつきがあり、

この価格差を使い、低リスクで利益を上げる手法をアービトラージといいます。

 

「コイン相場」ではウォッチリストの自由なカスタマイズによって、

ひと目でリスト管理したい通貨を取引所別で見ることができます。

 

アプリで各取引所の取引が可能

また、各取引所のAPIキーを取得し、連携することができます。

現在、以下の各取引所の注文をすることも可能です。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Coincheck(コインチェック)
  • Zaif(ザイフ)
  • Bittrex(ビットレックス)
  • BigONE(ビッグワン)
  • Binance(バイナンス)
  • bitbank(ビットバンク)
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)

 

これを見ながら送金スピードの速い通貨で取引をすれば、利益を得やすくなりますね!

 

最新のニュース、コラム

「仮想通貨の情報ってどこで入手すればいいんだろう?」と悩むこともあると思います。

「コイン相場」では仮想通貨に関わるニュース、コラムをまとめて読むことができます。

 

そして何よりの特徴が海外ニュースの翻訳の速さです。

 

通常、海外ニュースが発信されて日本で翻訳配信されるまで半日ほどかかりますが、

それよりも早く翻訳されて掲載されます。

 

ICOの情報収集もアプリ内で確認できます。

ICO情報の検索サービスを提供しているCOIN JINJA(コイン神社)ならではの機能ですね。

「公開前」、「進行中」、「成立」の3つのタブに分かれていて、

新着の情報が検索できます。

 

例えば、SNSなどで話題になったICOがあれば、

アプリで調べてすぐに概要を知ることができます。

 

色々な情報がアップされていて、厳選された情報でない場合がありますので、

しっかり自分で調べたうえでICOには参加してくださいね。

 

インストール方法

こちらからインストールができます(*´ω`)

iOSの方はこちらから

Androidの方はこちらから

 

まとめ

仮想通貨投資に慣れてくると、登録する取引所が増えてきます。

それらに置いてある資産を一括で管理できる機能は非常に便利でインストール必須だと思います。

 

また、2018年はICOがこれまで以上に盛り上がるとされている中で、

ICOの情報を確認するにはすごく便利ですが、

これから先詐欺目的のICOも更に増えていく可能性が高いので、十分に注意してください。