イーサリアムでポケモン!?間違いなく今年の注目ワードとなる「DApps」とは

最近の仮想通貨業界では、

スマートコントラクトベースで作られているDApps(分散型アプリケーション)というプラットフォームが話題を集めています。

 

もう体験しましたか?

2018年の仮想通貨業界で、間違いなく重要なキーワードとなる「DApps」。

今回は「DApps」のご紹介をしていきたいと思います。

 

DAppsって何?

DAppsはDecentralized Applicationsの略で、非中央集権で管理される分散型アプリケーションの総称です。

広い意味ではビットコインやイーサリアムといった、ブロックチェーン技術によって管理される仮想通貨もDAppsの仲間といえます。

分散型アプリケーションを一言でいえば、

ブロックチェーンの技術を使ってゲームやICOをするための基盤を開発できるといったイメージのものです。

 

通常のアプリと違って主要な管理者がいなくても自動で動くアプリとなっていて、

既にゲーム関連を中心に開発が進行しています。

 

DAppsの定義

DAppsは分散的にデータ管理するアプリケーションであるということ以外にも特徴がいくつかあります。

大きく4つに分けてみました。

①オープンソースであること

②DAppsの仕様変更の際は参加ユーザーの合意が必須であること

③トークンが活用されていること

④暗号化されたデータが分散的に管理されること

この4つの要素を完全に満たしているものをDappsといいます。

 

①オープンソースであること

まず、DAppsの定義としてオープンソースであることがあげられます。

言い換えると、Dappsを動かすためのコードが公開されているということです。

 

Wikipediaのようにみんなで1つのコンテンツを作り上げてくようなイメージが近しいですが、

Wikipediaとの圧倒的な違いは、中にあるデータがブロックチェーンのもと運用されているということです。

 

DAppsと呼ばれるアプリケーションは全てブロックチェーンで管理されることになるので、

それぞれのデータは参加者のコンピュータに分散化して記録されたものが保存されます。

さらにDAppsでは、誰かが指示を出さなくてもコードだけで自動(スマートコイントラクトによって)で動いていくようになっているという特徴もあります。

 

コードが公開されているので、

プログラミング言語がわかる開発者であれば誰でも改善することができます。

 

②DAppsの仕様変更の際は参加ユーザーの合意が必須であること

先ほど開発知識があれば、誰でも改善できると説明しましたが、

DAppsの改善を加える際は参加ユーザーによる合意が必要であるという条件があります。

このことは、ブロックチェーンの1番の強みである中央管理に依存しないことにつながっています。

 

③トークンが活用されていること

DAppsではトークンと呼ばれる

アプリ内で使う仮想通貨のようなものを発行しています。

このトークンが無ければ、DAppsのアプリを活用することができません。

 

DAppsで開発されたトークンの一部は参加者の報酬として活用され、

報酬を与えることで、DApps内のデータのやり取りなどの正当性を担保します。

 

どういう事かといいますと、

DApps内でゲームアプリを開発したとします。

そのゲームではゲームを進めていくごとに経験値としてトークンが支払われるようになります。また何かアイテムの入手をする際には報酬でもらったトークンと引き換えにアイテムを交換。

また、ゲーム内で育てたキャラクターをトークンと引き換えに他の誰かに貸し出したり、売ったりすることも可能になります。

 

そのトークンは同じアプリ内で流通するだけではなく、他のDAppsから作られたアプリでも流通させることも場合によっては可能になっています。そうすることで、DApps内で経済的な流動性を持たせることが可能になります。

DApps内でもらったトークンは売買するための市場があり、リアルな価値を含んでます。

最終的には日本円などの法定通貨にトレードも可能となってます。

 

④暗号化されたデータが分散的に管理されること

DApps内では記録される全てのデータは分散的に管理されます。

分散的に管理する事でデータ改ざんができなくなります。

またそれぞれのデータは、暗号化されることでDApps内で扱うウォレットの秘密キーなどの重要情報が漏れなくなります。

 

DAppsを活用したアプリ

DAppsではすでにいくつかのアプリがリリースされていて、

利用者が急増している状況です。

主にゲームアプリになってしまいますが、いくつか紹介します!

 

Etheremon(イーサエモン)

イーサエモンは仮想通貨とポケモンを掛け合わせたような要素を持っているDAppsゲームです。

育てたモンスターを売ったり、貸したり、買ったりでき、ゲームを進めるとEMONTというゲーム内通貨を手に入れることができます。

EMONTを手に入れることで新たなモンスターを買ったり、貯めて円のような法定通貨に変えることもできます。

EMONTは既にEtherDeltaという分散型取引所(DEX)に上場しているので、そこでトレードすることができます。

まだゲームとしては戦うシーンが無機質だったり、不完全な部分はありますが、いずれ改善されていくと思います(笑)

 

Etherion

Etherionsはドラゴンを育成するゲームです。

他のDAppsアプリと違って本格的にグラフィックデザインが実装されているので、他と違いより高度なゲーム体験ができます。

 

DAppsの将来性

Dappsの将来性について、DappsのVCファンドの最高経営責任者であるDavid Johnstonが以下のように述べています。

分散アプリケーションが、優秀なインセンティブ構造、柔軟性、透明性、弾力性、および分散型の性質のために、ユーティリティ、ユーザーベース、およびネットワーク評価において、世界最大のソフトウェア企業を凌駕するだろうと仮定しています。

分散アプリケーションの一般理論、DApps

DAppsは様々な業界において、今までの中央集権的なサービスに勝り、世界のインフラになる可能性を秘めています。

中央集権的で不都合なことが多々あったかもしれませんが、このDAppsにより世界は大きく変わろうとしています。

今後に期待していきたいところです。