金融庁からBinanceへ警告! 狙い撃ち?

こんにちは!フーリン(@kasotuka_friend)です!

本日は、いまや世界最大との呼び声が高いBinance(バイナンス)についてお話ししたいと思います。

 

金融庁からBinanceへ警告


金融庁は現在「改正資金決済法」に基づく警告をバイナンスに出す予定のようです。

理由としては、「無登録のまま日本で営業しており、投資家が損害を被る恐れがある」と判断したとのこと。

営業をやめなければ、警察当局などと連携して刑事告発する。無登録業者の監視により違法行為を摘発し、仮想通貨の健全な取引環境を整える狙いらしい。

 

「・・・う、うぅん・・・。」

 

まあ言わんとしていることはわかるんですが、そんなのバイナンスだけじゃないんですが・・・。

と突っ込みたくなる内容です。

 

日本人の口座開設時に本人確認していなかった点を問題視」とあるので、実質バイナンスが使用禁止にまで発展することはなさそうですが、それにしてもバイナンスを毛嫌いしてる感はいなめません(笑)

DEXとかどうやって取り締まるつもりなんですかね。

今後ますます増えてくるというのに。

 

とはいえ金融庁も野放し、というわけにはいかないでしょうから、海外取引所のKYC厳格化というところには力をいれていくのではないでしょうか。

日本当局もなかなか迷走している感じはありますね。

合理的な解決をしてほしいものです。税金のあたりとかも(笑)

 

資産はウォレットに!

とはいえ取引所に資産を置いておくのはやはりリスクがあります。

近々で動かす予定がないのであれば、なるべくハードウォレットに入れておきましょう。