BINANCEでNEM(ネム)が上場! どこまで上がる?

こんにちは!フーリン(@kasotuka_friend)です!

本日NEMがバイナンスに上場しました!

思えばNEMは良くも悪くも話題に上がる通貨でした(笑)

本日はそのNEMについて解説していきたいと思います!

 

NEM(ネム)ってよく聞くけど、実際どんな通貨?

NEMとは「New Economy Movement(新しい経済運動)」というプロジェクトの略称であり、厳密にいうと通貨の名称ではありません

通貨の単位はXEM(ゼム)です。

しかし現在はNEM(ネム)が通貨として浸透しているので記事的にはこのままNEMで進めていきたいと思います(笑)

個人的には通貨の性能自体は非常に高いものがあると考えています。

 

NEM(ネム)の概要

通貨単位 XEM(ゼム)
目的 平等で自由な新しい経済圏の創出
発行上限枚数 8,999,999,999XEM(約90億枚)
承認アルゴリズム Ploof-of-Importance
時価総額 10位台

プロジェクトが目指しているもの

NEM(ネム)は、金銭的な自由、分散化、平等などに基づき「新しい経済圏の創出」を目標に始まった仮想通貨プロジェクトとあります。

非常に汎用性の高い通貨なのでイーサリアムのようにプラットフォームの役割をすることもあれば、ビットコインのように決済に使用されたりもします。

一つのコインであらゆる使い方ができる実は非常に便利な通貨なのです。

 

2018年のNEM上げ材料「カタパルト」とは?

NEMを保有している人なら間違いなく待ち望んでいるNEMの上げ材料「カタパルト」。

カタパルトを簡単に説明すると、現状のNEM(ネム)の機能を大幅にアップデートさせることを指します。

現在Zaifを運営している日本の取引所「テックビューロ株式会社」と「NEM開発チーム」が絶賛開発中です。

 

現時点でもビットコインを上回る性能といっても過言ではありませんが、カタパルトが実装され大幅にパワーアップすると全仮想通貨内でもトップクラスのスペックになります。

 

カタパルトNEMの性能

トランザクションの処理スピードで比べてみるとエグいです。

≪1秒間に処理できる取引の数≫

  • ビットコイン:14件/秒
  • イーサリアム:15件/秒
  • リップル:1500件/秒
  • ネム(カタパルト後):4000件/秒

ほかの通貨の倍以上のスピードを誇っています。

処理速度が圧倒的に早い」が売りで国際送金ネットワークなどに使用される予定のリップルさんよりも明らかに早いです。

さらにセキュリティ面なども大幅に向上するようですので、非常にこれからが楽しみです(*´ω`)

 

実装時期はいつ?

カタパルトは、まずNEM(ネム)実装される前にZaifが開発している「mijin」というプライベートブロックチェーンに先に実装されるようです。

mijinに実装後、NEM(ネム)にも実装される流れですね。

mijinへのカタパルト実装は2018年1月中とアナウンスされていたのですが、2か月たった現在もいまだ発表はありませんね。

まあ予定通りいかないことは仮想通貨業界では慣れたことです(そうなってしまっていいのか・・・)

とはいえZaifの朝山社長が「2018年はCatapultのオープンソース公開が控えている」と発言しているので、2018年中に実装されるのは間違いないかと思います。

ちなみに、Zaifの朝山社長はNEM財団の理事も務めています。そもそもで関係値が深いということですね。

個人的にも少額持っているのでNEMのカタパルトには期待したいところです(#^.^#)

 

えっ⁉でも盗まれてたやん!

仮想通貨に少しでも触れている方であれば当然ご存知だと思いますが、

今年1月に「コインチェックNEM流出事件」がありました。

僕自身も資産が凍結され、NEMも保有していたので犯人にはハラワタが煮えくり返る思いです。

当時の時価総額で580憶円ものNEMがコインチェックから不正に送金され、NEMホルダーのみならず、コインチェックに仮想通貨を置いていたユーザーは全員約2か月間、送金も出金もできないという悲惨な事態になってしまいました。

ちなみに2014年の「マウントゴックス事件」でもBTCが消失した事件があり、当時のレートにして約115憶円もの被害が出てしまいました。

 

まずこの二つに共通して言えることは、「通貨に問題があったわけではなく、取引所に問題があった」というところです。

当時コインチェックでは、NEMがホットウォレットと呼ばれる、常にインターネットにつながった状態のウォレットに管理されていたのです。

ざっくりいってしまうと、「財布を管理した人に問題があった」ということですね。

正直なところ僕自身も事件が起きるまでは取引所のアカウントをバンバンしていましたが、長期保有するものは完全にハードウォレットに入れるようにしています。

 

紆余曲折あったものの、現在は落ち着いてきている

現在のNEMの価格は以下の通りです。

200円台のころに比べると2018年3月時点では見る影もありませんが、BINANCEにも上場し、取引高が増えてくると少しずつ回復してくるのかなと思っています。

とりあえずはカタパルトの発表が待ち遠しいですね( *´艸`)