【本人動画あり】Zaifがノミ行為?10億BTCが買えてしまう致命的なエラーが発生!

こんにちは!

今回は先日起きたZaif事件について解説していきたいと思います。

 

なにが起こったの?

ビットコインやアルトコインを扱う仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)がプログラムエラーを起こしてしまいました。

それにより、一時的にクレジットカードで購入した人は0円でビットコインが買えてしまう状態が起き、サービスを利用していた男性M氏が10憶BTC(約2200兆円)を0円で購入出来てしまう事件が発生したのです…。

ちなみにビットコインの総発行枚数は2100万枚と決まっており、10憶BTCの指値注文が出ること自体がちょっとおかしいです(汗)

今回の件について2/19時点でZaifからの公式発表はまだありません。

 

購入者のアカウントが凍結

現在、購入者のM氏のアカウントは停止されている状態で、それに対する問い合わせをZaif側に行ったものの、回答が返ってきていない状態のようです。

ちなみに僕もアカウント開設の件で2017年12月に2度、2018年1月に1度問い合わせを行っておりますが、回答はすべて返ってきておりません(笑)

 

以下、ご本人がYoutubeにアップした動画です。

 

今後の仮想通貨業界

先日のコインチェック事件の件もまだ皆様の記憶に新しい時に、今回の時間が起きました。

最近は利用者が不安になるトラブルが発生しており、「信頼」という部分についてはかなり落ちてしまっていると思います。

しかし、忘れないでいただきたいことはコインチェック、ザイフの件はあくまで取引所に落ち度があったのであり、仮想通貨そのものの仕組みに欠陥があったわけではありません。

仮想通貨ならびにブロックチェーンという技術は生活を豊かにする可能性が秘められており、インターネットが普及した時と同様に世界に変革を起こすものだと確信しています。

まずはこういった取引所リスクを念頭に置きつつ、資産はハードウォレット・ペーパーウォレットに移すなりして静かに浸透を待ちましょう・・・( 一一)