無料でトークンゲットだぜ!! AirDrop開催中の「Unizon」をもらってみた。

今回は3/1よりAirDropを開始している「Unizon」についてまとめてみました。

ちなみにAirDropとはプロジェクトの認知度を高めるために運営が行っている無料のトークン配布イベントみたいなものです。

クラウドセールの事前登録をするともらえるようなので、実際に受け取ってみました。

「タダでもらえるもんはもらうよ?」

というスタンスです(笑)

さらに、公式サイトで発表をすでにしていますが、2018年9月中旬に取引所への上場が決定しています!!

これは嬉しい情報ですね!!

公式サイトはこちら

ホワイトペーパーはこちら

 

 

Unizonとは?

Unizonとは

「個人同士の支え合いによる本質的な相互扶助の保険を」

を理念に保険の原点に還る相互扶助プロトコルを提供し、ブロックチェーン技術によるインシュアテックイノベーションを起こすプロジェクトです。

何言ってるかわかりませんでしたね、解説していきます(笑)

まず相互扶助とは、

相互扶助とは、社会・組織の構成員同士が互いに助け合うこと。互助とも。 人類の誕生以来、相互扶助そのものは世界各地に存在していたが、ヨーロッパにおいて特に相互扶助が注目されるようになったのは産業革命以後に様々な社会問題が発生するようになった後である。

とウィキペディアにありました。

 

Unizonの問題提起として、「今の世界各国の保険会社の仕組みはお金がかかりすぎていて、消費者の欲求を満たせていない」ということを言っています。

というわけで、消費者の意見を最大限に利用し、保険商品を作り上げていこうというプロジェクトの内容になっています。

そうすることによって、Unizonが作り上げたムダを省いたプラットフォームを使い必要な保険商品ができあがっていくという仕組みのようですね。

 

UnizonのICOスケジュール

ICOスケジュールは以下の通りになっています。

事前登録【エアドロップ】 2018年3月1日〜3月15日
Early Bird Stage【プレICO】 2018年3月15日〜3月31日
Middle Stage【ICO第1弾】 2018年5月15日〜5月31日
Final Stage【ICO第2弾】 2018年7月15日〜7月31日
総トークン発行数 5億2000万UZN
ハードキャップ 1億8000万UZN
ソフトキャップ 3000万UZN
トークン価格 1UZN=0.2USD
参加可能な通貨 BTC,ETH

Unizonは各ICOごとにトークンの販売量がきまっており、その販売上限に達した場合は即終了となるようです。

参加ボーナスも結構変わってくるので、参加する方はお早めに!!

 

AirDropへの参加方法

事前登録は3月1日18時からプレICOがスタートする3月15日までですが、エアドロップの配布数量の上限は5万アカウントとなっています。

早い者勝ちですね(*´ω`)

参加方法は以下になります。

 

公式サイトにアクセス

公式サイトにアクセスし、画面右下の「AIRDROPに参加して40UZNを無料獲得」ボタンをクリックします。

こちらからページへアクセス

 

メールアドレスを入力

入力画面でメールアドレスを入力し、ボタンをクリックします。

 

アドレスに届いたメールからリンクをクリック

アドレス登録を終えると登録したメールアドレスにメールが届きます。

届いたメールのリンクをクリックします。

 

各種項目の登録

メールに届いたリンクをクリックすると下記のような画面に遷移します。

各種の項目を入力して、「登録」をクリックします。

事前登録完了

「登録」をクリックすると管理画面に切り替わるので、AirDrop報酬が入ってるか確認しましょう!!

これで事前登録完了となります(*´ω`)

 

まとめ

いかがでしたか?

今回のAirDropは比較的簡単に受け取れるものかなと思います。

更に2018年9月中旬に上場も決まっているので、比較的に安心して参加できるICOかなと思いました。

参加したい方はホワイトペーパーをよく読み参加してみるとよいかと思います!