ICOとTGEの違いについて

こんにちは!

今回は意外と知られていない、ICOとTGEの違いについて解説をしていきます。

 

そもそもICOとは

ICOとは「イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開」の略称であり。

何か事業を起こしたい人が資金調達をするときに使われる方法の一つです!

ユーザーはその事業に投資をする代わりに、独自に発行されたトークンを受け取ります(*´ω`)

そのトークンがbitFlyerなどの仮想通貨取引所に上場したり、プロジェクトが進み市場に出たりときに売却したりすると売却益がでます!

ICOについては下記の記事に詳しく記載しております(*^-^*)

今更聞けない、「ICOってなに?」

 

TGEとは

TGEはとはToken Generating Event(トークンジェネレーションイベント)の略称です。

基本的にユーザーが行うことはICOと変わりません。

しかし、上記の記事にもある通り、ICOというのはハイリスクなことが多いです。

  • もしホワイトペーパーが嘘だったら?

  • 立ち上げの会社が実在しなかったら?

  • お金だけ集めて開発せずに逃げたら?

などのリスクは拭いきれません。

 

そんなときに役立つのが「TGE」というわけです!

カンタンにいうと調査機関お墨付きのICOといった感じです。

 

調査機関では情報の精査が行われており、以下の点が主に精査されています。

  • 集めた資金の使用目的
  • 流通の仕組みや暗号通貨の利用方法
  • 法的な問題

 

さらに、ユーザーに対しても

「Know Your Customer=KYC(本人確認手順)」

「Anti-Money Laundering=AML(資金洗浄防止)」

などがしっかりと行われております(`・ω・´)

 

以上のことから、公開されても問題ないと判断されたものを公開している機関になります!

もちろん、ICOが成功するか(ユーザーに利益があるか)はプロジェクトの進捗によって大きく変わってくるので、必ずしも爆上げを保証するものではありません

しかし、ICOに参加するうえでは一つの指標になるのではないでしょうか?