ブロックチェーンについて掘り下げてみた

今回は『ブロックチェーン』について掘り下げていきたいと思います!

ここ最近、

「仮想通貨は終わりだぁ・・・」

「こんなもん早くなくなっちまえばいいのに」

なんていう声をちらほら聞きます。

投機目的のみの方はともかくとして、ブロックチェーンという技術は本当に素晴らしい技術なのです!

それにまだ実用化があまり進んでおらず、ブロックチェーンという技術を使用した『仮想通貨』というものだけが目立ってしまっているのです(/・ω・)/

そんなわけで、今回はブロックチェーンがなんなのか、というところからまとめていきたいと思います。

 

「ブロックチェーン=ビットコイン」と考えている方がたまにいらっしゃいますが、あくまでブロックチェーンは「分散台帳をおこなう技術」であり、その技術をビットコインが採用しているということになります。

 

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンを和名でいうと『分散型台帳技術』といいます。

台帳は売買などの取引の記録の土台となる帳簿のことを指しますよね。

その名の通り、中央で台帳を管理するのではなく、分散して台帳を管理しようということです。

 

基本的な仕組み

本来、中央でデータを管理する場合は、サーバーなどに記録し保管することでデータの改ざんや攻撃を防ぎます。

銀行のシステムなどが現在これにあたりますね。

 

一方、分散で管理する場合は複数の端末が同じ記録を持つことによって、改ざんや攻撃を防ぎます。

銀行のような特定の管理者がいないので、権限が一か所に集中することがないのです。

取引の履歴を一定の単位(ブロック)で区切り、チェーンのように繋げていくことによって改ざんが起こりにくくなります。

 

ブロックはハッシュ関数によって暗号化

取引データ(トランザクション)は「何月何日にAからBへ○BTCを送金した」というような内容のデータが記録され、「ブロック」になります・

データ自体はオープン化されているため、だれでも確認することができますが、トランザクションの「具体的な取引内容」はハッシュ関数によって暗号化されます。

ハッシュ関数とは、元となるデータから一定の文字数の不規則な文字列を生成する関数です。

同一のデータであれば同じハッシュ値が生成されますが、少しでも異なれば全く異なるハッシュ値が生成されます。

また、生成された文字列から、元のデータを読み取ることができないという「不可逆性」を持っています。

 

取引履歴はすべて閲覧できる

ビットコインの売買など、ブロックチェーンに記録されている全ての取引履歴は、だれでも「Blockchain.info」から確認できます。

ブロック内に含まれる「取引件数」「取引されたビットコインの量」「ハッシュ値」「前ブロックのハッシュ値」を時系列に確認できます。

ここでは、ハッシュ値によって暗号化されているため、取引の「履歴」として記録されても、「内容」の詳細は確認できないので安心できます。

時系列がオープンになっているので不正を防ぐ役割をになっているともいえますね。

 

ブロックチェーンのメリット

1.中央集権型を廃止できる

第一のメリットは、やはり先述の通り「中央集権型」を廃止できることです。

一元管理をしないことにより、実質的にシステムがダウンしません。

正確にいうと、ダウンしても他所で補うことができます。

 

ブロックチェーンの内容も共有できるため、特定の管理者による身勝手なコントロールも防ぐことができます(*´ω`)

 

2.海外などの送金コストを抑えられる

第三者を介す必要がないので、海外への送金なども低コストで実現することができます。

例えば、運営が違う銀行間で送金を行うと、手数料が数百円かかりますよね?

海外だともっとかかると思います。

ブロックチェーンを使用することにより、ユーザー同士での送金を行うことができるようになりました(*^-^*)

これは結構感動モノです!

 

3.データの改ざんが不可能になる

ブロックチェーンは取引があった時点で暗号化され、分散して保存されます。

これによりデータの改ざんが実質不可能になるという点です。

さらに、意図的にデータを改ざんした場合などは、分散されたデータと整合性がとれないため、不正がすぐに明らかになってしまいます。

 

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンにも種類があり、大きく分けて二つあります。

 

パブリック型

「パブリック型(パブリックチェーン)」は、中央集権的な管理機関を持たず、不特定多数のだれでも自由に参加でき、だれでもマイニングに参加できるブロックチェーンを指します。

代表的なものはビットコインですね。

 

プライベート型

「プライベート型(プライベートチェーン)」には、管理者います。

マイニングを行うためには、管理者の許可によってコントロールできるため(パブリック型はマイナーの賛同を得なければならない)、金融システムの管理などに増えてくるタイプだと思われます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はざっくり説明しましたが、掘り下げるとどこまでも掘り下げることができ、奥がとても深いのがブロックチェーンです!

まだまだ実用化するには課題は多いものの、これからの「フィンテック革命」にはかかせない技術です。

銀行や政府などが介入せず、一定の信用が担保されるというのはとてつもないことだと思います。

 

ブロックチェーンの活用は、金融サービスに大きなメリットをもたらすと言われています。

プライベート型のブロックチェーンなどは管理者も置けるメリットもあることから、決済のサービスなどにも応用ができる可能性もあります。

どんなことに応用できるか考えてみるのも面白いかもしれませんね(*”▽”)