2ch発祥の国産コイン、NANJ(なんJコイン)とは?

こんにちは!フーリンです!

今回はあの有名なにちゃんねる発祥のコイン、NANJについて解説していきたいと思います!

 

NANJ(なんJコイン)とは?

 

NANJは2018年1月に誕生した2ch.sc上の「なんでも実況J」こと通称「なんJ」のコミュニティ発祥のイーサリアムをベースにした国産の仮想通貨トークンです。

さらにイーサリアムの新しい規格、ERC223で作られています!

 

有志のなんJ民によって開発・運営が行われていましたが、2018年3月に法人化し、現在は会社組織として運営しています。

国産の仮想通貨はMONAZNYなどがありますが、NANJは仮想通貨の中でも珍しいスポーツに特化した仮想通貨を目指しています。

 

概要

NANJコインの概要は以下の通りとなっています。

通貨名 NANJ COIN
公開日 2018年1月18日
最大発行枚数 300億枚
公式サイト https://nanjcoin.com/
Twitter @nanjcoin
ディスコード https://discordapp.com/
ホワイトペーパー https://nanjcoin.com/white_paper.pdf

発行枚数は結構多いですね。

現在の価格は以下のようになっています。

 

NANJ COINの特徴

前述したとおり、NANJコインは世界的にも珍しいスポーツに特化したEthereumトークンです。

将来的に、様々なスポーツ分野での決済手段や、選手やチームに対する寄付の手段としての活用を目指しています。

例えば、資金繰りに困っているスポーツ選手や団体など支持層が少なく、金欠状態にあるスポーツチームを救うために仮想通貨での支援などを行うことが出来ます。

NANJコインはコミュニティ内での投票の際に使用することも可能です。

また、投票機能を活用したスポーツチームの運営なども予定しています。

これは結構面白そうですよね(*´ω`)

さらに、4月現在のチャートでは法人化が発表されたこともあり、右肩上がりを続けています。

MONAコインと同じく国産通貨として頑張ってほしいです。

ちなみにNANJCOINはファンコミュニティ発祥であり、2ch.sc運営及び5ch運営等との関係は一切ないそうです。

 

将来性や今後の予想

競合が少ない

ホワイトペーパーを見る限り、競合が少ないと思います。

もしこのまま順調にプロジェクトが進み、一定のシェアを獲得できれば独走状態になるのではないでしょうか。

さらに野球関係のスポンサーなどになれば一気に認知度も広がるので、個人的には仮想通貨市場全体のプラスになるのではないかと考えています(笑)

 

運営の保有分が少ない

公式サイトにも明示されていますが、運営のトークン保有率がわずか10%となっています。

これはそのほかのプロジェクトに比べるとかなり少ない方で、仮に運営側が売り抜けをしようとしたところで市場に影響がないよう設計されています。

もちろん、売り抜け行為自体は行わないと明言されているので、二重の対策といえるのではないでしょうか。

 

仮想通貨プロジェクトの大半が、運営チームのトークン保有分については明示されておらず、投資家の不安の原因となっていました。

NANJ COINではその部分は解消されているようです。

 

すでに上場済み


NANJは誕生してから2ヶ月足らずで海外取引所CoinExchangeへの上場が決定しており、プロジェクトの進行速度もとても速いです。

上場の条件である4BTC分の寄付が早く集まったところを見ると、開発メンバーとホルダーたちのコミュニケーションがしっかり取れている証拠でもあります。

3月16日には上場を済ませ、一日で250BTCという驚異的な出来高を記録しています。

 

ロードマップ

公式サイトでは今後のロードマップが公開されており、数年後を見越して着実にプロジェクトを進めていく姿勢が伺えます。

 

  • 2018年2月:NANJ COINの先行無料配布
  • 2018年2~3月:海外取引所上場、プレセールの開始
  • 2018~2019年:大手取引所への上場
  • 2019~2020年:スポーツ事業のスポンサー広告、支援、個人選手への寄付
  • 2020年~:資金に見合ったスポーツチームの買収・運営・戦略の再策定

 

2018年内には大手の取引所への上場も視野に入れているようですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

NANJコインが購入したい方は、CoinExchangeで購入することが可能となっています。

 

公開1ヶ月からチーム体制を作り上げて上場まで持っていった抜群のスピード感は国産コインの中でも期待が持てますね。

英語の情報はまだまだ不足しているので、海外投資家へのPRとホルダーへのサポートを手厚くしていくと大化けするのではないかと考えています。